人材育成研修を効果的に行うためには、人事担当者だけでなく社内の様々な部署の管理職や現場の従業員に聞き取りを行って、時間を掛けて研修プログラムを考えることが大切です。また、新人や中途採用者管理職などを対象とした研修のコストやスケジュールについて、余裕を持って検討を始める必要があります。

人材育成研修の種類

人材育成研修の種類には、コミュニケーションやビジネスマナー、キャリアアップなど様々なものがあります。そこで、ベストな研修のテーマを選ぶにあたって、対象者の役職や勤続年数、能力などを考慮することが大切です。

コミュニケーション能力を高める人材育成研修

ビジネスマナーが身に着く人材育成研修

キャリアアップのための人材育成研修

人材育成研修の特徴

人材育成研修を成功させるためには、研修のコストや計画の立て方、効果などをじっくりと確認することが大切です。また、時には外部の講師に研修をお願いしたり、研修会社などにアドバイスをもらったりするのも良いでしょう。

人材育成研修のコスト

社内での育成は大切ですよね。社内独特の教育は社内で企画して進めるのが一般的ですが、ビジネスマナーや問題解決やコミュニケーション能力と一般的な能力は外部の教育機関に委託するほうがリーズナブルです。社…

人材育成研修の計画の立て方

人材育成研修の計画を立てる、と聞いて真っ先に思い付いたのは何だったでしょうか。日程や内容といったものを考えることももちろん必要です。でも、何にも先駆けて決めるべきは「誰」に受けてもらう研修にするか…

中堅社員が人材育成のセミナーで教わること

中堅社員を対象とした人材育成のセミナーでは、経営に関することを学ばせるよりも、仕事に対するモチベーションを高めることに重点を置く傾向があります。

人材育成研修の効果

研修の効果は必ずある

人材育成研修の効果は、多かれ少なかれ必ずあります。研修では様々なことを学ぶので、知識をプラスしていく時間です。研修によって、その人材の能力が下がっていくことはありません。ただ、どのような部分を鍛えるのか明確にしないと成長スピードが遅くなる可能性はあります。会社によって積極的に研修を実施するケースとそうでないケースがありますが、何度も休日が研修によって潰されていると社員の士気も上がらないです。重要なのは、今の会社に足りない部分とこれから成長して同業他社に勝つための術を身に付けることです。毎日それとなく過ごしているとスキルは身に付きませんし、同業他社に追い抜かれるだけです。気持ちを引き締めるという意味でも、年に数回程度の研修が効果的です。

新たな発想で仕事をする

会社を成長させる上で大切なのは、自分達が売り出す物やサービスをいかに多く買っていただけるかという部分です。その為には単に広告するだけでなく、ターゲットを絞ったり内容を見直すなどの作業が求められます。人材育成研修では、この辺りの仕事方法について学べる場合が多いです。何かを売ってお金を売るという構造はどこの会社でも変わらないので、後はそのやり方を考えるしかありません。人材育成研修では、とにかく色々な発見をして、有益な時間にする必要があります。そして、学んだ内容はすぐに実践しないと忘れてしまいます。いつか研修内容を実践してみようという気持ちでは、せっかくの研修を効率的に活かせません。研修の翌日から、定めた目標に向かって歩みたいものです。