人材育成研修のコスト

外部に委託したほうがコストは安い

社内での育成は大切ですよね。社内独特の教育は社内で企画して進めるのが一般的ですが、ビジネスマナーや問題解決やコミュニケーション能力と一般的な能力は外部の教育機関に委託するほうがリーズナブルです。社内で人材育成を企画する場合、検討期間や講師の工数が必要になります。さらに、テキストの作成や教材の準備も必要です。外部に委託するとノウハウを知っていることにより研修内容やテキストがそろっているのです。若干の要望は採用してくれるので、委託企業に応じた研修内容にカスタマイズしてくれるので役立ちますよ。また、教育を行いたいときにすぐにできるメリットもあります。人材育成の企業によって研修内容やコストが異なるため比較検討することが重要です。

人材育成研修は投資です

人材育成研修は企業にとっては投資になります。従って、内容重視で研修を選ぶことが重要です。世の中には人気の研修やユニークな研修がありますよ。オフサイトでじっくりと学べる環境を作り出してあげることがポイントです。例えば、異業種交流会です。いろいろな業界の受講生が集まり、問題解決を一緒に行ったり、業務の悩みを共有化したりなどがあります。違った人との考え方が本人にとっていい気づきになるのです。中には数日間泊まり込みで行うカリキュラムもあり、懇親会などが企画されていることにより人脈が広がりますよ。また、フォローする研修もあります。学んだことを業務で実践して後日報告会を行うというものです。課題解決やリーダーシップの研修に多く見られます。

人材育成の研修は、新入社員や中途採用社員だけでなく、管理職に対しても実施する企業が増えており、キャリアアップのための大切な取り組みとして全国の企業経営者やビジネスマンの間で注目が集まっています。