キャリアアップのための人材育成研修

キャリア形成につながる人材育成研修のポイント

新入社員から管理職まで様々な立場の社員のキャリア形成につながる人材育成研修を実施する場合には、研修の担当者が一人ひとりの社員の年齢や職種、経験などをしっかりと把握する必要があります。また、人材研修の計画を立てるにあたり、座学やケーススタディ、プレゼンなど様々な研修の形式を取り入れることが大切です。最近では、eラーニングなどのインターネットを使った研修を導入して、業務の合間に専門知識を学ばせている企業も増えています。なお、キャリアアップの研修の大切さについて理解をするために、外部の人材コンサルティング会社にアドバイスをもらったり、キャリアコンサルタントなどの人材育成のプロの講演会に参加をしたりすることも大事です。

キャリアアップの研修を専門の会社に任せるメリット

キャリアアップ研修を効果的に行うにあたり、自社内に講師を担当できる社員が少ない場合には、外部の研修会社にサポートを依頼することがおすすめです。特に、ビジネスマナーやパソコン、語学など様々な職種で重要なスキルを短期間のうちに習得させたい場合には、熟練の講師が在籍している研修会社に相談をしてみましょう。最近では、キャリアアップ研修を専門に扱っている大手の研修会社の取り組みについて、ビジネスに関する様々なメディアを通じて取り上げられることがあります。そこで、多くの企業から選ばれている研修会社に依頼をするうえで、早いうちから各会社のキャリアアップ研修の事例に目を通したり、担当者と打ち合わせをしたりすることが肝心です。

接客の研修では、あいさつは通り一遍にすればいいものではなく、心を込めることが大切であることを教育しましょう。