ビジネスマナーが身に着く人材育成研修

ビジネスマナーの5大要素

多くの業界で「ホスピタリティ(hospitality)」という言葉が頻繁に使われるようになりました。サービス産業といわれるホテル業、運輸業、旅行業ではもともと使われていましたが、近年は教育、医療、福祉、金融等の業界にまで広がりを見せています。ホスピタリティを実践し、顧客に満足してもらうには、具体的にどうすればよいのでしょうか。それは、まず人材育成研修でビジネスマナーを身につけることです。ビジネスマナーとは、身だしなみ、表情(特に笑顔と視線)、基本動作(特にあいさつとお辞儀)、言葉づかい、ビジネス文書の作成などを指します。これらのビジネスマナーをマスターすることが、ホスピタリティーの第一歩だといえます。

講師が伝えるべきこと

言い換えれば、ビジネスマナーとは、形をつくり、形を整えることによって、顧客に好感や安心感を持ってもらうことです。しかし、そこに心がこもっていなければ、顧客から見透かされてしまいます。受講者は人材育成研修でビジネスマナーの基本を学ぶだけでなく、心のこもった正しいビジネスマナーが、いつでもどこでも自然にできるスキルを身につけましょう。日常生活でホスピタリティと縁遠い動作をしていて、仕事の場面になってから急にビジネスマナーを実践しようとしても、なかなかできるものではありません。講師の方は、そのことを伝えたうえで、普段から人のために手を差し伸べたり、電車で席を譲るといった、おもてなしの習慣の重要性も伝えましょう。おもてなしの習慣を身につけることこそ、ビジネスマナーの実践につながるのです。

販売の研修では、ビジネスマナーや営業トーク、コミュニケーションスキルなど様々な事柄を学ぶことができます。